サステーナ式骨盤ケア®︎プロバイダー認定者の方の声を紹介します。

50代 助産師

長年の臨床経験の中で、1番明確に対応出来ていかなったのが骨盤ケアの分野でした。
ここまで来ても、まだ自分の中では未到達。模索を続ける中で出会ったのが、サステーナ式骨盤ケアでした。

日総研セミナーが入口となり、個人講習を受ける中で、この理論はマイナートラブルに留まらず周産期に活かせるとも思いました。

今後はプロバイダーとして自信を持って妊産褥婦のニーズに応えていきたいと思います。
困った時には頼れる先生に相談も出来るので安心です。

サステーナ式に出会えて本当に良かったです

50代 助産師

サステーナ式骨盤ケアを学ばさせて頂き、7か月間ではありましたが学び得たこと、、約40人妊産褥婦に携わりお伝えすることできました☺️

私が骨盤ケアに感激したこと!
色々ありますが、、👍

助産師外来では、入室してくる際の歩行や椅子への座位から立ち上がり、症状を発見しやすいこと、エコーする為にベッドに横になる、寝返り、立ち上がりと動作の流れでの骨盤ケアは、
妊婦自身が受け入れやすく自主的になり身体の使い方を獲得しやすいと感じました。

出産までのマタニティライフが快適な日常が送れると感じました✨

50代 助産師

私は、サステーナ式骨盤ケアを学んだことで分娩時の診方も変わりました
産前、産後のマイナートラブルだけにとどまらず

骨盤前傾、反り腰 
分娩第一期への影響
懸垂腹は、胎児の侵入角度(ドライブアングル)不正軸侵入、微弱陣痛により、分娩遷延原因に挙げられています。
ニュートラルポジション、ドローインを妊娠期から行うことで
子宮を支える腹横筋を鍛えることができ、胎児は母体の体幹に近づけることが出来、懸垂腹の予防になるかと視てる

骨盤前傾位でのマクロバーツは、産婦の筋骨格への負担、産後への影響があると感じています。
妊娠期からのニュートラルポジションをとることは、分娩に向けた身体作り、より正常な分娩に導くと肝要してます✨

サステーナ式骨盤ケアの理論は、妊娠期・分娩期・産褥期等さまざまな分野で活かせます❗️

30代 助産師

普段無意識にやっていることだからこそ、気付きにくく、気付いて意識すれば症状の改善や予防につながるのだと気付けて良かった。何かしてあげたい、治してあげたいという気持ちがあったが、本人の意識の改善程、いい治療はないなと思った。

20代 助産師

妊娠、出産、産後において、身体が大きく変化する中でサステーナ式骨盤ケアは全ての妊産婦さんに知って欲しいケアだと思いました。

私自身も産後の腰痛や股関節痛、ぽっこりお腹などに悩んでいました。どうしたら良いのか分からず、漠然とした不安を持った中で、自分の身体について理解したい!どうにかしたい!と思い、サステーナ式骨盤ケアを学びました。

講習を受け、自分の身体への理解が深まると共に、今後どのように過ごしていけばいいのか、自分で考えて過ごせるようになりました。

また、普段の生活や育児にすぐ取り入れられるケアがたくさんあることを実感しました。

治療院や助産院で見学研修もたくさんさせて頂き、骨盤ケアを受けた妊産婦さんが、とても満足して明るい表情で帰っていく様子をみて、助産師として1人でも多くの方にサステーナ式骨盤ケアを伝えていきたいと思いました!

助産師としても、1人の母親としても、とても有意義で勉強になる講習でした。

この骨盤ケアを広められるようプロバイダーとして頑張ります!

40代 助産師

妊産婦さんからマイナートラブルに対しての相談があっても、妊娠中だから仕方がないとか骨盤ベルトやストレッチの体操を紹介する指導に疑問を感じながらも解決策が見つけ出せなかった時に、日総研でサステーナ式骨盤ケアを知りました。

自分のやりたかったケアに出会えたと感激し、さらに理解を深めたいと思い、プロバイダー研修を受けたいと思っていたのですが、常勤で勤務をしている事に加え、関西圏から通うには時間的にハードルが高いと諦めていました。

でも、日総研で2回目の研修を受けた時に、やっぱり諦めたくないと思い、ダメ元で先生に、自分の気持ちを伝えてみた所、日程や時間の調整をしていただく事ができました。そして、本日無事にプロバイダーになることができ、とても嬉しく思います。実際の研修では、内容が分かりやすいのはもちろんの事、先生の熱い思いも知ることができ、とても楽しかったです。

今後はマイナートラブルに対して、何となく行ってた指導から、根拠に基づいた指導が出来るように、先生や他のプロバイダーの方にアドバイスを受けながら、日々研鑽したいと思います。そして、一人でも多くの妊産婦さんが、不調を起こすことなく、元気に育児が出来るような支援が出来る助産師になりたいと思います。ありがとうございました。

50代 柔道整復師

骨盤ケアのベーシック、実践編、個別講習を受け 実技試験といざやってみると、 頭の中ではわかっていても、 実際に言葉として出てこないで、 問診、視診、触診などうまく進めていけませんでした。

今後は治療の現場で実際の経験を積んでいきたいと痛感しました。 特に問診では患者さんが 1.主訴や目的(何を求めてるか) 2.以前と現在の身体の経過を しっかり聞いていきたいと考えてます。 自分の仕事内容や生活スタイルに講習合わせて進めてくださり本当にありがとうございました。 

40代 助産師

たかが姿勢と考えがちですが、そこで1歩踏みとどまり自分の姿勢を鏡でチェックして1日を始めると体への負担が減ると思います。長く付き合う自身の体をもう少し思いやって!と考えさせてもらえる講習でした。

50代 助産師

私が遠方ということで、講習日程の調整、カリキュラム、見学研修など、ご配慮いただき有意義な講義でした。晴れてサステーナ式骨盤ケア プロバイダー認定を頂くことが出来ました。恐縮ですが心より感謝してます。これからは、1人でも多くの妊産婦へお伝えしていきたいと思ってます。

先生はじめ見学研修に応じて下さった方に深く感謝してます。ギックリ腰が大分良くなったとの経過報告本当に良かったです。先生の問診、視診、触診、アセスメントから評価し、判断、対処、お手当、日常生活動作のアドバイスの結果です。

3人程見学研修させていただき感じたことですが、原因を明確にするには、問診のとり方もとても重要だと学びました。私も学びを実践出来るようにします。
ありがとうございました。

30代 助産師(大学病院勤務)

骨盤ケアを通じて妊娠期~産後まで継続的に関わるきっかけを作ることができ、産後うつや虐待リスクを防止できる役割も担っていると言っても過言ではないと思っています。治療を見学する中で、身体がリラックスできると心がひらけ、自然と日々の悩みをお話しされたり、治療中は唯一自分のための時間と言う妊産婦の方々を見て、骨盤ケアの担う役割は大きいと日々感じています。

もっと読む

認定証を持っている人
認定証を持っている人